品詞分類・その3

ここでのテーマは
日本語文法と国文法です。

品詞分類においても
両者の違いについて見ていきます。

前回の
「日本語文法と国文法」の違いについては
以下をご覧ください。
↓↓↓
国文法と日本語文法

品詞分類とは

品詞分類の考え方は
日本語文法も国文法も同じです。

品詞分類とは
文法的な性質の違いによって、
単語を分類したものです。

では単語とは何か、少し復習しておきます。

単語とは

「言葉の単位」というテーマでは

以下のように
文を大きさによって五つに分類しました。

①文章 > ②段落 > ③文 > ④文節 > ⑤単語

ご興味のある方は以下をクリックしてください。
↓↓↓
言葉の単位

文を大きさで5つに分類した時
その最小単位が「単語」となります。

単語とは
これ以上分けることができない、
最小の単位ですから、
無理に分けようとすると
その言葉は
意味や働きを失ってしまいます。

例えば
(例1)を単語で分けると
(例2)のようになります。

(例1)
田中先生は英語が話せると思う。
 ⇓
(例2)
田中/先生/は/英語/が/話せる/と/思う。

この文は
名詞、助詞、動詞の
3つの品詞からできています。

田中、先生、英語 → 名詞
は、が、と    → 助詞
話せる、思う   → 動詞

つまり
単語は何らかの品詞に分類されます。

では先に
国文法の品詞分類について
見ていきます。

国文法の品詞分類

国文法では単語
名詞、動詞、形容詞、助詞など
10の品詞に分けられています。
以下に
国文法の品詞分類表を載せておきます。

<国文法の品詞分類表>

自立語 活用する 動詞、形容詞、形容動詞
活用しない 名詞、副詞、連体詞、接続詞、感動詞
付属語 活用する 助動詞
活用しない 助詞

<補足>
国文法では自立語を「詞」、付属語を「辞」とも言います。
また、
動詞・形容詞・形容動詞を用言、
名詞(数詞・代名詞・形式名詞など)を体言と言います。

国文法では
このように
品詞を10に分類しています。

では、次に
日本語文法の品詞分類について見ていきます。


日本語文法の品詞分類

日本語文法と国文法との大きな違いは
わかりやすさです。

品詞の分類においても
日本語文法は
国文法に比べ、より
わかりやすくなるように
工夫されています。

その一つが
形容詞です。

●国文法では形容詞を
「形容詞」「形容動詞」という
二つの品詞に分けています。

●日本語文法では
両者は同じ形容詞である、とします。

そして、
活用によって
形容詞」と「形容詞」に分けます。

形容詞」と「形容詞」の
名前の由来は
形容詞で名詞を修飾してみると
一目瞭然です。

(1)美し自然

(2)静か湖畔

●(1)のように「美し
の形で名詞を修飾するグループを
形容詞

●(2)のように「静か
の形で名詞を修飾するグループを
形容詞」と呼びます。

 

日本語文法では
国文法のように
細かな品詞分類を行いません。

なぜなら
日本語文法とは
日本語を話せるようにさせるための手段として
用いるものだからです。

そこで、
話すときに知っていると便利だと思われる
品詞のみを用いています。

例えば
「~(し)ていだだけませんか」
といった言葉の連続は

●国文法では、
より細分化して、品詞分類を行いますが、

●日本語文法では
「人にものを頼むときに使う表現
として学びます。

つまり
「~(し)ていだだけませんか」を
一つの表現として教えるので、
これ以上細かく分類することはしません。

日本語文法でよく使われる品詞は
以下の7つです。

動詞、名詞、イ形容詞、ナ形容詞、
副詞、接続詞、助詞

<補足>

●日本語文法では
「感動詞」や「連体詞」という品詞名を
あまり使いません。

●また、「助動詞」は
動詞の活用として扱っています。

日本語を話すときに
細かい品詞分類は必要ありません。
国文法の品詞分類を日本語教育に
持ち込まないようにしましょう。

品詞と単語の関係

文を大きさによって五つに分類し、
大きい順に並べます。

①文章 > ②段落 > ③文 > ④文節 > ⑤単語

「単語」とは
これ以上分けると意味がなくなってしまう
ところまで区切った
言葉の最小単位でした。

「単語」
いずれかの品詞に所属します

例えば
「て」「に」「を」「は」
助詞という品詞に所属しています。

そこで
「て」「に」「を」「は」
一つの単語とみなします。

(例)今日いい天気だ。

「は」=「単語」=「助詞」

一つの「単語」
一つの「品詞」に所属していれば
わかりやすいのですが、
そうでない単語もあります。

次の例は
一つの単語が
二つの品詞にまたがっているものです。

一つの単語が
二つの品詞に使われる例

「単語」は
いずれかの品詞のグループに入ります。

ところが、
二つの品詞の性質を持つ「単語」もあります。

例えば
「元気」という単語です。

●「元気人」は
形容詞」に分類され、

●「元気が出る」の「元気」
「名詞」に分類されます。

品詞の転成

(1)「悩み」相談室

(2)恋に「悩み」、苦しむのは青春の特権だ。

例文(1)(2)の「悩み」は
同じ形です。

しかし、
(1)と(2)の「悩み」は
品詞が違います。

(1)の「悩み」は名詞で、
(2)の「悩み」は動詞です。
(「悩み」=動詞「悩む」の連用形)

(1)の名詞の「悩み」は
動詞の連用形が
そのままの形で名詞になりました。

このように
ある品詞の単語が他の品詞に転じることを
品詞の転成」と言います。

品詞の転成」で多いのは
動詞の連用形が名詞になる場合です。

例えば
(ひかり)」という名詞は
動詞「る」の連用形から転成したものです。

また、
形容詞の連用形が名詞になる例も
動詞ほど多くありませんが、見受けられます。

●「遠く」の景色
「多く」の意見

この「遠く」「多く」という名詞は
形容詞である「遠い」「多い」の連用形から
転成したものです。

3つの品詞にまたがる単語

品詞の転成が起こるのは

●動詞連用形が名詞に、
●形容詞連用形が名詞になる、

というパターンです。

また、
少数ではありますが
副詞になる例もあります。

形容詞)
●あの国の学生には特別支援が必要です。

(名詞)
●これに特別の意見があるとは思えない。
(和辻哲郎氏からの例文)

(副詞)
特別変わったことはありませんでした。

このように
全ての単語が一つの品詞に収まる
とは限りません。

品詞間の意味の連続

また、
これはあらゆる言語に言えることですが、

Aという品詞とBという品詞の間に
きっちりと線を引くことは
なかなかできません。
意味は連続しています。

例えば
「好(す)く」という動詞と
「好きだ」というナ形容詞の
意味はほぼ同じです。

もう一つ例を挙げます。

意味の上から
●「状態・属性」を表すものを
「形容詞」に分類し、

●「動作・作用」を表すものを
「動詞」に分類します。

ところが、
動詞に分類されている
「(本が)ある
「(英語が)できる
「(お金が)いる
などは
意味からみると「形容詞」に
非常に近いと言えます。

これは「動詞」と「形容詞」の
意味の連続性の例となります。

最後に
形(品詞)は違っても、
意味はほとんど同じである単語を
紹介しておきます。

複数の品詞にまたがる単語

Ⅰ:品詞としては
形容詞形容詞に分かれますが、
意味はほとんど同じです。

(1)赤ちゃんの髪の毛はとても柔らかい形容詞)
(2)赤ちゃんの髪の毛はとても柔らかだ。(形容詞)

(1)暖かい形容詞)
(2)暖かだ形容詞)

(1)細かい形容詞)
(2)細かだ形容詞)

Ⅱ:品詞は国文法で言うと「形容詞」と「連体詞」です。

(1)この大きい方のペットボトルには麦茶が入っています。形容詞)
(2)ママ、あそこに大きなワンちゃんがいるよ。(連体詞)

(1)小さい形容詞)
(2)小さな(連体詞)

※一般的に「~い」は客観的な大きさ、
「~な」は主観的に感じる大きさ
を表すと言われています。

 

(1)おかしい形容詞)
(2)おかしな(連体詞)

 

Ⅲ:品詞は「名詞」と「ナ形容詞」です。

(1)元気(名詞)
(2)元気な形容詞)

(1)幸せ(名詞)
(2)幸せな形容詞)

(1)健康(名詞)
(2)健康な形容詞)

Ⅳ:品詞は「名詞」と「ナ形容詞」と「副詞」です。

(1)特別(の)(名詞)
(2)特別な形容詞)
(3)特別(副詞)

(1)いろいろ(の)(名詞)
(2)いろいろな形容詞)
(3)いろいろ(副詞)

Ⅰ~Ⅳの例を見てもわかるように、
品詞は
きっちりと分けられるものばかりではありません。
複数の品詞にまたがるものもあります。

そこで、
研究者によって
分類の仕方が異なったり、
解釈が違ったり、
ということが起こります。

日本語教師としては
これまでの文法は
学習者に教える必要はありません。
知識として
「こんな例もあるんだなあ」
と読んでいただければと思います。

 

「国文法と日本語文法」の違いシリーズの
「動詞の活用」については
以下をご覧ください。
↓↓↓
動詞の活用・その4

国文法と日本語文法・その1
↓↓↓
国文法と日本語文法・その1

言葉の単位・その2
↓↓↓
言葉の単位・その2

動詞の音便・その5
↓↓↓

動詞のテ形・その6
↓↓↓

ではではニゴでした。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ