敬 語(謙譲語Ⅰ)

尊敬語とは?

敬語の中の尊敬語とは
尊重したい人の行為を尊敬語の形にし、
その方に対する敬意を表しました。

(例)山田先生が研究室にいらっしゃいました

*尊敬語について詳しく知りたい方は
 こちらをご覧ください。
  ↓↓↓
   尊敬語

どうして謙譲語Ⅰが必要なのか?

(例)私が山田先生に言いました。

では、上記の(例)を見てください。
この例文を使って
山田先生に敬意を表したいと思います。
尊敬語は
「尊重したい人の行為を尊敬語の形にする」
という表現形式でした。
ところが、
この例文には
尊重したい山田先生の行為が含まれていません。

「言う」という行為をするのは私です。


敬語の中の「謙譲語Ⅰ」は
こういう場合に使われます。

つまり、
「謙譲語Ⅰ」とは
自分の行為を謙譲語の形に変えて
(尊重したい)山田先生に敬意を表すのです。

私が山田先生に言いました。
  ↓
私が山田先生に申し上げました

ポイント

謙譲語Ⅰとは
自分の行為を謙譲語の形にして
相手(山田先生)に敬意を表す形式。

では、さらに謙譲語Ⅰを詳しく見ていきましょう。

謙譲語Ⅰ

上司:川口さん、これ 持ってくれますか?
川口:はい。お持ちします

川口さんは
上司に
「(荷物を)持ってください。」
と言われたので、
お持ちします。」
と答えました。

川口さんは
とても控えめな態度で、
謙遜した話し方をしています。

この川口さんの答え方を
「謙譲語」と言います。

謙譲語とは
話し手(=謙譲語を話す人=川口さん)
文の主体となります

そして
その文の主体(=川口さん)が
自分の行為を謙譲語の形にして
相手(上司)に敬意を表しています

謙譲語とは必ず
(謙譲語を話す人である)話し手がその相手と
かかわりを持つ必要があります。

つまり

上司:川口さん、これ 持ってくれますか?
川口:はい。お持ちします

この例では
川口さん(=話し手)の
行為(=上司の荷物を持つ)は
相手(=上司)の荷物を持つわけですから、

話し手が相手とかかわりを持っています。

謙譲語とは
自分が相手に行う態度を
控えめにして、相手を立てる表現です。

動作の主体(自分)が
相手に対して、
謙遜した態度をとることによって
相手に敬意を表します。

謙譲語Ⅰの形

謙譲語Ⅰの形式はたくさんありますが、
主に次の5つを用います。

(1)謙譲語独自の動詞を使う
(2)「おVする」の形を使う
(3)「おVいたします」の形を使う
(4)「ごNする」の形を使う
(5)「ごNいたします」の形を使う

(V=動詞 N=名詞)

(1)謙譲語独自の動詞を使う




(例)私は先週の日曜、上司のお宅に伺いました

辞書形 謙譲語
普通形 丁寧形
訪ねる・聞く 伺う 伺います
食べる・飲む・もらう いただく いただきます
言う 申し上げる 申し上げます
会う お目にかかる お目にかかります
知る 存じ上げる 存じ上げます
見せる お目にかける お目にかけます
ご覧に入れる ご覧に入れます
聞かせる お耳に入れる お耳に入れます
*見る 拝見する 拝見します

*「見る」→「拝見する」のように
 「拝」という語を使った謙譲語群があります。

読む 拝読する 拝読します
聞く 拝聴する 拝聴します
借りる 拝借する 拝借します
察する 拝察する 拝察します

(2)「おVする」の形を使う

(例)(フロント係:)お客様、すぐにタクシーをお呼びします
                        ↑
                      呼びます

(3)「おVいたします」の形を使う

(例)順番になりましたら、お呼びいたしますので、
                         ↑
               呼びます
   もうしばらくお待ちください。
*「いたします」は「いたす」の形では使えません

(4)「ごNする」の形を使う

(例)係の者がご案内します

(注)漢語動作名詞の中には「お」をとるものもあります。

(例)それに関しましては、のちほど電話します。

(5)「ごNいたします」の形を使う

(例)その件につきましては、のちほどご連絡いたします
*「いたします」は「いたす」の形では使えません

(3)「おVいたします」(5)「ごNいたします」
    に関する注意点

(3)「おVいたします」
(5)「ごNいたします」
上記(3)と(5)の謙譲語の動詞
「いたします」は
普通体「いたす」の形では
用いることができません。

(例)〇私が先生の荷物をお持ちいたします。
(例)✖私が先生の荷物をお持ちいたす

「いたす」は使うときには、常に
丁寧体の「いたします」
にしなければなりません。

「丁寧体」は
聞き手やその場の状況に対して
配慮が必要な時に用いられます。

「お/ご~いたします」が常に
丁寧体で用いられるということは
この形式が
聞き手やその場の状況に対して
配慮していることを示すための形式
だとも言えます。

この点から
「お・ご~いたします」
「謙譲語の機能」とともに
「丁重語の機能」
あわせもっていると考えられます。

(2)「おVする」(3)「おVいたします」
    に関する注意点

(2)「おVする」(3)「おVいたします」は
一音節の語
「いる」「行く」「見る」「寝る」「出る」
などには使うことができません。

この中の動詞、「行く」と「見る」には
謙譲語独自の動詞があります。

「行く」→「伺う」
「見る」→「拝見する」

謙譲語は必ず
話し手が相手とのかかわりを必要とします。

謙譲語独自の動詞を持たない
「いる」「着る」「寝る」「出る」
といった動詞は、
話し手の行為が相手とかかわる、
ということが考えにくく、
普通は
謙譲語の形を必要としていません。

ただし、
「~させていただきます」
のような形を使うと、
相手とかかわりが持てるので、
使うことができるようになります。

(例)僭越ながら、私から着させていただきます。

謙譲語Ⅰの間違えやすい例

その1

謙譲語Ⅰは必ず
話し手が相手とかかわりを持ち、
その相手に対して、
敬意を表す表現です。

そこで、
相手が存在しない場合には
謙譲語Ⅰを用いることはできません。

(例1)✖きのう図書館に伺った。
(例2)〇昨日 教授の研究室に伺った
                ↑
    (教授に対して敬意を表している)

(例3)✖きのう画集を拝見した。
(例4)〇昨日山田先生の画集を拝見した
                ↑
   (山田先生に対して敬意を表している)

その2

(2)「おVする」(4)「ごNする」の形は
   「おVできる」  「ごNできる
のように
可能形(可能否定形)にすることができます。


(例)この件につきましては
      私の方からご返答します

(例)この件につきましては
     私の方からはご返答できません

 

ここで問題です。
耳にすることも多い以下の例は
適切だといえるでしょうか。

(例1)この電車は(回送となりますので)
    ご乗車できません
(例2)このATMは(夜の9時以降)
    ご利用できません

(例1)で
電車に乗るのは誰でしょうか。
お客様です。
(つまり、
電車に乗る行為をする
主体はお客様となります)

(例2)で
ATMを利用するのは誰でしょうか。
やはり、お客様です。

この例文1は
話し手(JRの人)が
話題の人(お客さま=主体)に対して
話している文です。

尊敬語は
話し手が
話題の人(行為の主体)に対して
敬意を表す表現でした。

そこで、この例文は
尊敬語の形にすることで
適切な文となります。

(例1’)この電車は(回送となりますので)
    (お客様は)ご乗車になれません

(例2’)このATMは(夜の9時以降)
    (お客様は)ご利用になれません

名詞の謙譲語

謙譲語は
話し手が相手に対して
控えめな態度をとる表現です。

そこで、
名詞でも
それが相手とかかわっているものなら、
謙譲語にすることができます。

接頭辞」「
をつけて謙譲語にします。

(例1)お客様への礼状
    心を込めて書きました。

(例2)お客様への説明
    十分に行ってください。


*「お」は和語系の語に
 「ご」は漢語系の語につきます。
  が、
  例外も多く見受けられます。

名詞の「謙譲語・尊敬語」の形

名詞の「謙譲語」と「尊敬語」は形が同じです。

それでは
以下の例の名詞は
謙譲語でしょうか。尊敬語でしょうか。

(例1)(あなたから私への)お手紙

(例2)(私からあなたへの)お手紙

このように形は同じ「お手紙」でも
誰が、誰に(誰のために)の関係で
一方は「尊敬語」になり
一方は「謙譲語」となります。

(例1)は例えば
「あなた」を「先生」と考えると簡単です。

先生から頂いた「お手紙」は
「尊敬語」となり、

自分が「先生」へ送る「お手紙」は
「謙譲語」となります。

●「尊敬語」をご覧に足りたい方は
以下をクリックしてください。
 ↓↓↓
敬語(尊敬語)

●「丁重語=謙譲語Ⅱ」をご覧になりたい方は
以下をクリックしてください。
 ↓↓↓
敬 語(丁重語=謙譲語Ⅱ)

●「丁寧語・美化語」をご覧になりたい方は
以下をクリックしてください。
 ↓↓↓
丁寧語・美化語

●「二重敬語」をご覧になりたい方は
以下をクリックしてください。
 ↓↓↓
二重敬語・敬語連結


●「敬語」の基本的な考え方について
知りたい方は以下をクリックしてください。

敬語を学ぶ重要性

敬語を教える前に

ではではニゴでした。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ