助詞

助詞・まとめ

*「まとめ」の次に、解説を記しました。
 解説からご覧になりたい方は
 「まとめ」をとばしてください。

1.助詞の特徴
  付属語で活用しない。

2.助詞の役割
  語と語、語と述語、文と文の関係を表し、言葉に意味を付け加える。

3.助詞の種類
  ①格助詞
  ②接続助詞
  ③取り立て助詞(副助詞)
  ④終助詞
  (+⑤複合格助詞=助詞相当語)

4.助詞は重ねて用いることもある。

助詞とは・解説

ここからは助詞について、もう少し詳しく見ていきます。

1. 助詞の特徴

(例)去年から大学日本文学学んでいる。

から」「」「」が助詞です。

 < 去年 + から / 大学 +  / 日本文学 +  

•上記のように、
 助詞は他の語の後ろに付けて使います。(付属語)


(例)夕焼けがきれいです
(例)お風呂に入ってから、寝ます。

•上記のように、
 助詞は名詞以外の語にもつきます。
<きれいです +  > < 入って + から >

•助詞は
 文中で形が変わることはなく、常に「から」「で」「を」・・・
 このままの形で使います。(助詞は活用しません)

2. 助詞の役割

助詞の意味(1)

<①語と語の関係性>

(例1)トムさんアンさん教える。
(例2)トムさんアンさん教える。
(例3)トムさんアンさん教える。

(例1)から(例3)を見ると、助詞を変えるだけで
トムさんとアンさんの関係性が変化します。
また、意味も全く違ってしまいます。

このように助詞は
がどんな関係にあるのかを表すことができます。

<②語と述語の関係性>

以下の文のように、助詞があるので
述語
どんな関係にあるのかがわかります。

  語         述語

トモさん(主体)¦
友達(同伴者) ¦  行きました。
鎌倉(方向)  ¦  

カフェ(場所) ¦
友達(同伴者) ¦  食べました。
ケーキ(対象) ¦

 

助詞の意味(2)

(例1)そのケーキ食べる。
(例2)そのケーキ食べる。
(例3)そのケーキを食べる

(例1)から(例3)を見てもわかるように、
助詞は語に特別な意味を付け加える働きをしています。

3. 助詞の種類

現代の日本語文法における助詞は
その役割によって、以下の四つに分類されています。

①格助詞 
②接続助詞 
③取り立て助詞(副助詞) 
④終助詞
 (+⑤複合格助詞)

(注)分類方法は研究者によって異なります。
この四分類に
連体助詞(の)、並立助詞、間投助詞など
を加える場合もあります。

①格助詞

•日本語文法では以下の9つを格助詞としています。

「が」「を」「に」「で」「と」「へ」
「から」「まで」「より」

•格助詞は主に名詞の後ろにつきます。

•名詞と述語(文末の動詞・形容詞など)との関係を示します。

詳しくは以下の「格助詞」の記事をご覧ください。
 →https://www.tomojuku.com/blog/kakuparticle/

②接続助詞

•接続助詞は
主に活用のある語について、
前の文と後ろの文をつなげます。

(例1)朝起き、顔を洗います。
(例2)朝起きる、カーテンを開けます。
(例3)朝起きたら、雨が降っていました。

③副助詞(取り立て助詞)

•取り立て助詞は
 いろいろな語について、特別な意味を付け加えます。

(例1)デザート食べました。
(例2)デザート食べました。
(例3)デザートだけ食べました。
(例4)デザートまで食べました。

④終助詞

•終助詞は
主に文末について、話し手の気持ちなどを付け加えます。

(例1)明日は学校へ行きます
(例2)明日は学校へ行きます
(例3)明日は学校へ行きます

+⑤複合格助詞(助詞相当語)

(例1)在校生の代表として、送辞を読んだ。
(例2)このことは私にとって一生忘れられない思い出となりました。
(例3)この事件についてのコメントをお願いします。

•「~として」は
格助詞「と」と動詞「する」が組み合わされてできた複合語です。

•複合格助詞は「~として」のように、
格助詞と他の語(多くは「動詞+て」)が組み合わさり
全体として一つの格助詞のように機能します。
そこで、複合格助詞と呼びます。

•複合格助詞も格助詞と同じで、主に名詞の後ろについて
述語(動詞・形容詞など)との関係を表します。

•助詞相当語とも言われています。

•「~として」のほかに、
「~にもとづいて」「~にかけて」「~にそって」
「~にとって」「~について」「~に関して」・・・など
複合格助詞は非常に数が多く、中上級で学びます。

補足(1)連体助詞(の)

*以下は国立国語研究所の文法用語からの抜粋です。

【所有・所属】
①私本 / 学校先生
②日本自動車産業
③弟恋人
④ロシアから手紙

【行為主体】
①偉人業績(←偉人がなした業績)
②遺族悲しみ(←遺族が悲しむ)

【属性】
①ひげ男(←ひげをはやした男)
②二十歳人(←年齢が二十歳である人)
③シクラメン花(←シクラメンという花)

【連体修飾節内の主語・対象語】
①母作る料理(←母が作る料理)
②スペイン語わかる人(←スペイン語がわかる人)

【同格を示す】
①社長寺田さん(←社長である寺田さん)
②友達雪子さん(←友達である雪子さん)

補足(2)並立助詞

•「父母」「肉野菜を買う」などのように
 語と語、文と文を並べる助詞を並立助詞と言います。

【と】(語と語を並べる)
①父母は二人で食事に出かけた。
②父でその仕事をやった。

【や】
(たくさんあるものの一部を例として並べる)
①このアパートでは犬猫は飼えません。

【とか】
(いくつかのもの・ことを、例として並べて示す)
①友達ならたくさんいます。
 瞳さんとかみゆきさんとか・・・。

【に】
(類似しているもの・ことを重ねるように並べる)
①お弁当サンドイッチはいかがですか。

【だの】
(いろいろなもの・ことを例として並べる)
①石鹸だの歯磨き粉などを売る。

【なり】
(同じようなものをいくつか示して、
そのどれからでも自由に選べることを表す)
①好きなのだったら、電話なり手紙なりで言ったらいい。
②気がすむなら、焼くなり煮るなりしてください。

4.助詞の重ね使い

(例1)あしたは学校へ行きますよね。(+
(例2)あなただけには言われたくありません。(だけ++

•(例1)(例2)のように、
助詞は二つ以上重ねて使うこともあります。

 

ではではニゴでした。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ