格助詞について

助詞の復習

前回は
助詞全体について俯瞰してみました。

1.助詞の特徴
2.助詞の役割
3.助詞の種類

等です。
前回の文をご覧になりたい方は
以下をクリックしてください。
 ↓ ↓ ↓
https://www.tomojuku.com/blog/particle-2/

前回
助詞を5種類に分けました。
  
  ①格助詞
  ②接続助詞
  ③取り立て助詞(副助詞)
  ④終助詞
  ⑤複合格助詞(=助詞相当語)

格助詞

今回は
①の格助詞について見ていきます。

格助詞の役割は
文中の構成要素の意味関係を表すことです。
具体的に言うと

文 ⇒ ①日曜日②友達③鎌倉④行きました。

この文を構成する要素は
①日曜日  ②友達  ③鎌倉  ④行きました
の四つです。

格助詞
①②③の構成要素と述語④(=行きました)との
意味関係を表します。

格助詞の役割とは

格助詞

文の中の構成要素と述語との意味関係を表します。

格助詞
日本語の文法項目の中で特に大事なものです。

まずは、
「文の中の構成要素と述語との意味関係を表す」とは
どういうことなのか、もう一度見ていきましょう。

文の分類

日本語の文は三種類に分けられます。
動詞文 ②形容詞文 ③名詞文
の三種です。

動詞文の例
 •きのうプールで泳いだ

形容詞文の例
 •今日の空はとても青い

名詞文の例
 •
彼の専門は法律だ。

日本語では
文の最後に述語が来ます。
そこで、

①を動詞述語文
②を形容詞述語文
③を名詞述語文

とも言います。

格助詞の役割

(例)日曜日 / 友達   /   鎌倉    /    行った
         (名詞) (名詞)  (名詞)   (述語)

日本語の文は
様々な名詞と述語の組み合わせからできています。

格助詞
それぞれの名詞の後ろにくっついています。

(例)日曜日に 友達と 鎌倉へ 行った。

つまり
格助詞は名詞の後ろにくっついて、
その名詞が述語とどんな関係にあるのかを示しています。



 

 

格助詞があるために
日曜日、友達、鎌倉、といった名詞が

いつ行ったのか、
誰といったのか、
どこへ行ったのか、

という意味を表しているとわかります。

格助詞の定義:
「文の中の構成要素と述語との意味関係を表す」とは
このことを示しています。

格助詞

日本語の格助詞は(諸説ありますが)9つあります。
(1)が(2)を(3)に(4)で(5)へ
(6)より(7)から(8)まで(9)と

*「鬼までが夜からデート」する
といった語呂合わせで覚えたりします。

 / に / まで / が / よる / から /  /  /  / 
↑              ↑       ↑  ↑   ↑
を              より       で  へ   と

格助詞の用法

格助詞は9つしかないので、
一つの格助詞がいくつもの意味を表すことになります。
ここで格助詞の主な用法をまとめておきます。

(以下は『日本語教育のための文法用語』からの引用です)

1.「が」

(1)動作や状態の主体
   ①子供遊んでいる。
(2)状態の対象
   ①私はパンダ好きだ。

2.

(1)動作・作用の対象・目的
   ①英語の新聞読む。

(2)通過の場所や経過点
   ①毎朝公園散歩している。
   ②二つ目の角曲がってください。

(3)出発点・起点
   ①部屋出ないでください。

3.

(1)存在・所有の場所・位置
   ①居間大型スクリーンがある。
   ②私は妹が3人いる。

(2)時
   ①夕べ10時寝た。

(3)移動の到着点
   ①タクシー乗りましょう。
   ②ここ座ってもいいですか。

(4)動作・作用の対象・相手
   ①あした社長会います。
   ②友達CDをあげた。

(5)動作・作用の源
   ①友達絵ハガキをもらった。
   ②夕べ父親しかられた。

(6)移動の目的
   ①今から買い物行きます。

(7)基準
   ①私のアパートは駅近いんです。
   ②一か月一回出張がある。

(8)原因・結果
   ①お金困っているんです。

4.

(1)動作・作用の場所
   ①昨日あの店ラーメンを食べた。

(2)手段・方法・道具・材料
   ①はさみ切ってください。
   ②この服は紙できている。

(3)範囲
   ①私の国は漁業が盛んです。

(4)限度・期限
   ①一週間できますか。
   ②これは100円買いました。

(5)原因・理由
   ①地震電車が止まった。

5.

(1)動作が向けられる方向・場所・相手
   ①夏休みにハワイ行った。
   ②国の家族手紙を書いた。

6.

(1)動作の相手を示し、「~と一緒に」という意味を表す
   ①今晩家族食事をします。

(2)引用
   ①彼女は今日来ない言っていた。
   ②アラビア語は難しい思う。

(3)例を挙げて具体的に説明する
   ①カタール、サウジアラビア、クウェート
    アラブ諸国がこぞって反対している。

7.から

(1)出発点・起点
   ①ミーティングは午後一時から始まります。
   ②アパートから学校まで一時間かかる。

(2)受け取り動作の相手・出所
   ①小林さんから時計を借りた。

(3)物事の原因・発端
   ①ちょっとした油断から失敗することが多い。

(4)判断の根拠
   ①調査の結果から見て、次のようなことが言える。

(5)原料
   ①醤油は大豆から作ります。

8.まで

(1)時間・場所・物事の限度
   ①アパートから学校まで一時間かかる。
   ②バーゲンセールはあしたまでやっています。

9.より

(1)起点・出所
   ①ロシアより愛をこめて。

(2)比較
   ①ファックスよりメールの方がいい。

 

ではではニゴでした。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ