~つもりです

話し手の意思を表す表現「~つもりです」

「~つもりです」は 話し手の(個人的な)意志を表します。

形 : < 辞書形・ない形 > + つもりです

(例1)大学では 日本文学を勉強するつもりです。
(例2)あのイベントには 参加しないつもりです

「~つもりです」は、「みんなの日本語」の第31課に出てきます。
第31課には「~ようと思っています」「~する予定です」も
一緒に提示されています。そこで、
学生にとっては その使い分けが難しくなってきます。

また、「~するつもりです」には、

(例3)これを買ったつもりで、その分貯金しよう。

などの、「そのつもりになって、その気になって」のような使い方もあります。
ここでは、初級の使い方に絞って、見ていきましょう。

「~つもりです」は、それ単独で見ていくよりも、「~する予定です」と
比べたほうが、より分かりやすくなります。

ここからは、「~つもりです」「~する予定です」を比較していきます。

「~つもりです」vs 「~する予定です」

(例1)夏休みに北海道を一周するつもりです。

「~つもりです」は、話し手の、
つまり自分自身の心づもりを述べるときに使います。
この例では、自分で夏休みの計画をたてています。

(例2)3月10日から、出張で一週間タイに行く予定です。

「~する予定です」は、この例のように、
会社の決定で、そういうことになったということを表しています。

(例3)あさっては、クラスのみんなとお花見に行く予定です。

学校の決定ではなく、クラスで決めたことだとしても、
一人で決めたのではなく、他の人と相談して決めたとき
「~する予定です」を使います。

つまり、「~つもりです」は、本人が決めた心づもり(意志)ですが、
「~する予定です」は、本人の意思を表していません。ただ単に
そういう予定がある、ということを表しているだけです。

「~つもりです」の否定形

初級では「~つもりです」の否定形は

(例1)A:まだ、ウィンドウズ7を使っているんですか。
     B:ええ。ウィンドウズ10には換えないつもりです。

形 : < ない形 > + つもりです

を提示します。

「~つもりです」には、
「~するつもりはありません」という否定表現もあります。

(例2)A:日曜日のビール工場見学、Bさんは行きますか。
     B:行かないつもりです。アルバイトがあるので。
        A:Cさんは?
        C:行くつもりはありません。

この(例2)のBさんは、
「行かないつもりです」を使って、
「行くか、行かないか」の選択肢の中から
単に「行かない」という意志を表明しています。

Cさんのように、「行くつもりはありません」を使うと、
「行かない」という意思表明の裏に何か含みを感じてしまいます。

「行くつもりはありません」は、かなり強い否定となります。

(例3)田中:木村さんも、せっかくだから、二次会に行きませんか。
          木村:いいえ、参加するつもりはないんです。
                   子供が家で待っているので、これで、帰ろうと思います。

また、「~するつもりはありません」は
相手の勧めを強く断るときなどにも、使います。
やはり、かなり強いニュアンスになりますから、
初級の時には 提出しない方がいいですね。

「~つもりです」の注意点1

「~つもりです」は、その場で決めたことには使えません

(例1)キム:今からカラオケに行きましょう。
タムさんも行きませんか。
タム:はい、行きます。
ロン:(×)わたしも一緒に行くつもりです。

「~つもりです」は
事前に、自分がそのように決定した」という意志を表すときに使います。
「~つもりです」はやはり、心づもり(自分が前もって決めたこと)ですから、
今現在決めたことには、使えません。

「~つもりです」の注意点」2

(例1)先生、あしたスピーチコンテストにいらっしゃるつもりですか。

「~つもりですか」は、相手の個人的な心づもりを尋ねることになります。

そこで、目上の方に使うと、失礼に当たります。こういうときは

(例2)先生、あしたスピーチコンテストにいらっしゃいますか。

を使った方がいいですね。
初級では、「~つもりです」を質問形にして使う練習はしません。
「~つもりです」を使って答える練習のみを行うようにしましょう。

「~つもりです」の注意点3(第三者の意志表現)

「~つもりです」は 話し手の個人的な意志を表します。
ということは、話し手以外の第三者の意志は全く表せないのでしょうか。

(例1)A:Bさん、来週の読書会に行きますか。
     B:はい、もちろん、行くつもりです。
     A:Cさんは、行くでしょうか。
     B:Cさんも行くつもりですよ。

(例1)のように、「~つもりです」は、話し手ではなく、
第三者の意志も言えるようです。

しかし、上記の例でも

Cさんも行くつもりだと言っていましたよ。
Cさんんも行くつもりのようですよ。

のほうが自然です。

初級の時、
「~するつもりです」は
自分の意志表現として、教えましょう。

ではではニゴでした。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ