~たり(~たり)する

「~たり(~たり)する」の意味

1、例示・並列の「~たり(~たり)する」

「~たり(~たり)する」は、いくつかの行為や事柄の中から、
例をあげるときに、使います。

・日曜日は、テレビを見たり、本を読んだりします。

この文では、日曜日は、テレビ見ることと、
本を読むことだけをするのではありません。
ほかにも、同じようなことをします。
ということを暗示しています。

また、「~たりする」の形で使うこともあります。

・わからないことは、インターネットで調べたりします。

意味は同様に、インターネットだけで調べるのではなく、
いろいろな方法で調べると暗示しています。

2、例示・並列の「~たり(~たり)する」の注意点

これは、学生の作った文です。

(1)きのうは、郵便局に行ったり、コーヒーを飲んだりしました。

どこがおかしいのでしょうか。

例示・並列の「~たり(~たり)する」の注意点として
「~」の部分は、同じグループのものが来なければなりません。
「郵便局へ行くこと」と「コーヒーを飲む」ことは、
母国語話者にとって、同じグループとは思えません。

・休み時間は、コーヒーを飲んだり、たばこを吸ったりします。
・きのうは、郵便局に行ったり、銀行に行ったりする用事があって、忙しかった。

このように、並べる事柄が、同じグループならいいわけです。

授業をするときには、このグループ分けをしっかり考えてから、
導入したほうがいいですね。

これも学生が作った文です。

(2)きのうは、顔を洗ったり、ひげをそったりしました。

これは、どうしていけないのでしょうか。

「顔を洗う」と「ひげをそる」は、同じグループです。
でも、きのうという一日のくくりの中では、
当然、誰もがすることです。

取り立てて言う事柄ではありません。

・朝、5分で顔を洗ったり、ひげをそったりしなければならないので、大変だ。

のように、5分でするとなると、
「当然誰もがする」ことではなくなりますから、非文ではなくなります。

3、対の動作の「~たり(~たり)する

(1)動物園のシロクマは、おりの中を、行ったり来たりしている。
(2)赤ちゃんは、泣いたり、笑ったり、かわいいですね。

これは、動作が繰り返し起こることを表します。
「行くー来る」「上がるー下がる」「立つー座る」など、
対の言葉が使われます。

(4)こんなことになるなんて、踏んだり蹴ったりだ。
(5)こら、鉄也、飛んだり跳ねたりしない!

(4)(5)のように、同グループの言葉を、
対にして使ったりもします。

(3)この頃は、暑かったり、寒かったりで、洋服選びが難しい。

(3)のように、形容詞が来ることもあります。

(4)薬は、飲んだり飲まなかったりしては、いけません。

また、肯定形と否定形を並べて使うこともあります。
これは「~する場合と、~しない場合がある」という意味を表します。

4、その他の「~たり(~たり)する」の注意点

「~たりする」の「する」の部分は、
「~たりしている」「~たりした」
のように、文全体のテンス・アスペクトを表します。

また、「~たりしてください」「~たりしたほうがいいですよ」
「~したりしたいです」のように、いろいろ変化します。

授業の際には、文末をいろいろ変化させて、練習したいですね。

ではでは ニゴでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ