複合格助詞「~に対して」(その2)

複合格助詞「~に対して」(その1)では、
~に対して」の成り立ちと、大まかな意味
を見てきました。

複合格助詞「~に対して」の意味
(1)対象(2)対比
複合格助詞「~に対して」(その1)をご覧になりたい方は
以下をクリックしてください。

http://www.tomojuku.com/blog/nitaishite/

今回は、
その意味をもう少し細かく、具体的に考えていきます。

複合格助詞「~に対して」の意味 (1)対象

「~に対して」とは、
動作や感情が向けられる対象を表しています。
つまり、「~に対して」は、
対象を表している言葉はこれです。~に対しての前の言葉です」
と、はっきり指し示す役割を担っています。

ここでは
その「対象」の意味を さらに細かく四つに分けます。
「~に対して」とは

(1)行為が向けられる対象を表す

(2)行為を受けて反応する対象を表す

(3)感情・心的態度の向けられる対象を表す

(4)効果が出る対象を表す

以下では、この四つについて、一つ一つ見ていきます。

複合格助詞「~に対して」の意味
(1)行為が向けられる対象を表す

(例)田中課長は、本社で待機している部下に対して
「GO」サインのメールを送った

→「~に対して」はメールの送り先である対象(者)を表します。
(メールを送るという行為は、誰に向けて行われたのかと言うと、
部下の方(対象者)です。)

 

もう少し例文をあげておきます。

(1)トランプ大統領は国民に対して、アメリカ・ファーストに徹すると約束した

(2)鈴木さんは どんな上司に対しても、はっきりと自分の意見を述べます

(3)私たちは会社が新しく決めた制度に対して、大きな期待を寄せています

 

*ここで、「~に対して」と結びつく述語は、
一方向的な働きかけをしている述語です。
つまり、
トランプ大統領がら国民へ、という一方向で、
トランプ大統領が国民に約束するという、働きかけをしています。

 

*ここでの
~に対して」は、格助詞「」で、言い換えることができます。
格助詞「」ではなく、
どうして複合格助詞「~に対して」の方を使うのか、
その理由を見ていきましょう。

理由は、四つ考えられます。
(1)(2)(3)(4)
この四つの理由も、互いに関連しあっています。

理由(1)
~に対して」は書き言葉で使われる
理由(2)
~に対して」は格助詞「」に比べ、対象をはっきり示すことができる
理由(3)
~に対して」と述語の距離が離れている
理由(4)
~に対して」の文中に、格助詞「」も使われている

それでは「」ではなく、
どうして「~に対して」の方を使うのか、
理由(1)~(4)を詳しく見ていきましょう。

理由(1)
複合格助詞「~に対して」は書き言葉で使われます。

~に対して」が話し言葉で使われるのは、
あらたまった場所やスピーチの中などです。

話し言葉の中で使われる「~に対して

 

 

 

~に対して」の前にくる名詞(ここではパワハラ)、
~に対して」と結びつく述語(ここでは抗議する)、

~に対して」と一緒に使われる名詞、述語は、
その場にふさわしい、状況に合った語彙が選ばれます。

つまり、
話し言葉の中であっても、フォーマルな感じを出すときには、
書き言葉的要素の強い語彙、
硬い感じの語彙が選ばれます。

理由(2)
複合格助詞「~に対して」は
格助詞「」に比べ、対象をはっきりと指し示すことができます。

(例)日本サッカー協会は西野朗氏に対して日本代表監督就任を願い出た。

(例)の文では
対象者が「西野朗氏」と、はっきりしています。

誰に願い出るのかという、
「行為が向けられる対象(者)」を明確に示したいとき、
複合格助詞「~に対して」を使います。

格助詞「」は
「対象を表す」以外にも多くの意味をもつので、
格助詞「」を使うと
意味があいまいになりやすいと言えます。

例えば

(1)田中さんは 子供やさしい。
(2)田中さんは 家に引きこもっている子供に対して、やさしい。

(2)の文にも、格助詞「」が使えます。
しかし、(2)の文は
やさしいの対象が、とてもはっきりしています。
(対象=引きこもっている子供)
こういう時には、「~に対して」を使った方がしっくりきます。

(3)審判は A選手レッドカードを与えた。
(4)審判は ベッカム選手に対して、レッドカードを与えた。

どうして、(4)の場合は、格助詞「」ではなく、
複合格助詞「~に対して」を使ったのでしょうか。

この発話者は心の中で、こう思っていたのかもしれません。

「今まで一度もレッドカードを受けたことのない
あの、ベッカム選手に対して!」と。
(例文が古臭くてすみません。)

A選手やB選手ではなく、まさに、
「ベッカム選手に対して」と、対象をはっきり示したいときに、
~に対して」を使います。


理由(3)
複合格助詞「~に対して」と述語との距離が離れている

(例)日本に対して
アメリカは牛肉とオレンジの関税を
現行の40%から10%まで引き下げるよう求めてきた

 

この文の中には
対象を示す「~に対して」と、
その対象との関係を表す述語とがあります。
対象を示す「~に対して」と、述語との距離が離れている場合、
~に対して」の代わりに格助詞「」を使ってしまうと、
文の意味があいまいになってしまいます。

 

つまり、
対象を表す「日本」と、述語「求めるてくる」との間に、
多くの言葉が入り込んでいます。
こうした文では
対象を表す格助詞「~にを使ったのでは、
意味が分かりにくくなります。

そこで、
こういう時には、複合格助詞「~に対して」を使います。

 

理由(4)
複合格助詞「~に対して」が使われている文中に、格助詞「」もある。

〇(例1)医者は病人に対して、薬を処方する前、その薬の効用と、
生じる可能性のある副作用とを知らせるべきである。

(例1)では、
複合格助詞「~に対して」と格助詞「」が使われています。

(例2)医者は病人、薬を処方する前、その薬の効用と、
生じる可能性のある副作用とを知らせるべきである。

(例2)では
格助詞「」を連続して使っています。
文中に、助詞「」が複数表れると、
それぞれの助詞「」の意味が分かりにくくなります。

また、形としても美しくありません。
こうした時には、(例1)のように複合格助詞「~に対して」を使い、
格助詞「」を連続させないようにします。

 

複合格助詞「~に対して」(その2)はここまでとします。
(その3)では、「~に対して」の意味・対象の(2)からです。

 

●もう一度複合格助詞「~に対して」(その1)を
ご覧になりたい方は、以下をクリックしてください。

http://www.tomojuku.com/blog/nitaishite/

 

●複合格助詞「~に対して」(その3)を
ご覧になりたい方は、以下をクリックしてください。

http://www.tomojuku.com/blog/nitaishite3/

 

 

ではではニゴでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ