~てある・2

~てある

(1)壁に絵がかけてある。
(2)田中さんには、もうそのことを話してありますから、
このプロジェクトは、いつでも始められます。

「~てある」・1では、「~てある」の意味は
・眼の前の様子(結果の状態)を描写している。
・その状態は、誰か(人)が、何かの目的をもって、したものである。

ということをお伝えしました。

しかし、(2)の文は、
その意味ではくくれません。そこで、
もう少し、詳しく分析してみます。

1、行為者

(1)壁に絵がかけてある。

壁に絵をかけたのは誰でしょうか。
(1)の場合、行為者は、誰だかわかりません。

(2)田中さんには、もうそのことを話してありますから、
このプロジェクトは、いつでも始められます。

田中さんに話をしたのは誰でしょうか。
(2)の場合、行為者は自分自身です。
行為者がわかっています。

(2)では、もう田中さんに話してある、つまり
「準備は、すでに整っている状況です」から、いつでも始められます。
という意味です。

(2)は「眼前の状態」ではなく、今の状況を述べています。
どんな状況かというと、「準備が整った」状況です。

行為者がわからない:「眼前の状態描写」(結果の状態)

(3)教室には世界地図が貼ってあります。

(3)の場合、行為者は、誰だかわかりません。
でも、その状態は、誰かが意図的にしたものです。

行為者がわかっている:「準備が整っている状況」

(4)お誕生会用のケーキは、買ってあります。

(4)の場合、行為者が誰であるかわかっています。
自分自身で、お誕生会の準備として、ケーキを買ってきました。

つまり、今は
「準備が整っている状況」です。

2、助詞の問題

(5)机の上、資料置いてある。
(6)掲示板、ポスター貼ってある。
(7)カレンダー、予定書いてある。
(8)鞄の中お守り入れてある。

場所を表す「に」と使うときには、「が」を使います。

(9)エアコンつけてある。
(10)電気消してある。
(11)窓開けてある。
(12)鍵かけてある。

「眼前の状態描写」(結果の状態)を表すときには「が」を使います。

(13)すでに話つけてありますから、心配しないでください。
(14)たくさん漢字の練習してあるから、今日のテストは問題ないと思う。
(15)先方には会議の概要知らせてあります。
(16)ホテル予約してありますから、出発して大丈夫です。

「準備が整った状況」を表すときには「を」が多用されます。

エアコン(が/を)つけてあります

「眼前の状態描写」(結果の状態)を表すときには「」を使います。

(17)(動物園のパンダ舎の前で)
パンダは暑さに弱いので、一日中エアコンつけてあります。

「準備が整った状況」のときには、「」が使えます。

(18)A:田中さんが来る時間ですね。田中さんは暑がりですが、応接室の準備はできましたか?
B:はい、大丈夫です。もう、エアコンつけてありますから。

「~てある」の文法用件

(1)「~てある」:「眼前の状態描写+α」

「~が」+意志動詞(他動詞)+てある

例:窓開けてある
・行為者は不明、あるいは不問。
・眼前の様子を描写しているが、その行為に注目している。
・人が何か目的をもって、その行為をしたと、とらえている。

(2)「~てある」:「現在の準備が整った状況を述べる」

「~が/~を」+意志動詞(自動詞・他動詞)+てある」

例:田中さんが、説明会場押さえてあるので、問題ありません。
おやつ用意してあるので、あとで食べてください。
・行為者はわかっている。
・準備が整ったという、今の状況を述べている。

「記述を表す動詞+てある」の注意点

(1)ここに名前が書いてあります。

・これは、「眼前の状態描写」です。
・+αとして、持ち主が間違えられないように、名前を書いたのでしょう。

(2)ここに「大募集」と書いてある。

・(2)のような「~に・・・・・・と書いてある」は、
眼前の状態描写のみであって、
誰かが何かの意図をもって行ったという、
含みは、ほとんど感じられません。

「~に・・・・・・と書いてある」は、
「~に・・・・・・とあります」と、言うこともあります。
(ここに「大募集」とあった。)

「~てある」と「~ている」の違いを知りたい時には、コチラをご覧ください。
>>~てある・1(「~ている」との比較)

ではでは ニゴでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ