~てある・1(「~ている」との比較)

 ~てある・1(「~ている」との比較)

動詞で、自動詞・他動詞の対応がある場合、
「~ている」と「~てある」の違いが問題になります。
・窓が開いている。
・窓が開けてある。

ここでは、自他の対応のある動詞を使った
「~てある」について、
「~ている」と比べながら書いていきます。

(1)床の間に花が活けてある。

今の目の前の様子を描写している表現です。
その様子は、
過去に起こった(花を生けた)という結果です。

そこで、「結果の状態」を表すと言ったりします。
「眼前の状態描写」の表現です。

「~ている」も「結果の状態」を表します。
目の前の様子を描写する表現です。

(2)かぎがかかっている。

(1)の「他動詞+てある」と(2)の「自動詞+ている」は、
両方とも「結果の状態」を表すので、
似ており、学生がよく間違えてしまいます。

簡単に両者の違いを見ておきましょう。

Ⅰ、「~ている」(眼前の状態描写)

(3)窓が開いている。

形:「~が」+無意志動詞(自動詞)+ている
・窓を開けたという行為ではなく、今の開いている状態に注目しています。
・どうして窓を開けたのかといった、人の意図は、表していない

Ⅱ、「~てある」(眼前の状態描写 + α )

(4)窓が開けてある。

形:「~てある」+意志動詞(他動詞)+てある
・今の窓が開いている状態も示してはいます。
・注目しているのは、その状態は、誰か人の行為によってもたらされたということです。
人が、何か目的があって、その行為をしたと考えます

「~ている」は自動詞、「~てある」は他動詞を使います。

(3)(4)の窓が開いている状態は、全く同じです。

しかし、(3)の「窓が開いている」は、
窓の開いている状態だけを見ています。

(4)の「窓が開けてある」は、
窓の開いている状態を見ているのは、同じです。
しかし、その背後に、人が何かのために、そういう状態にした、
という意味を持っています。

そこで、文中に、窓が開いている状態の、
明確な理由や目的が述べてあると、
「~てある」しか使えません。

(5)風を入れるために、窓が開けてあります。
(6)猫が出入りするので、窓が開けてあります。

この時、窓を開けた行為者が、自然、あるいは動物などの場合は
「~ている」を用います。

(7)風が強かったからかなあ。窓が開いているよ。
(8)猫が開けたのかなあ。窓が開いている。

(5)はが風を入れるために、窓を開けたのであり、
(7)は、自然と風が、窓をあけてしまった、ということです。

次の例は、「~ている」と「~てある」の違いを
よく表しています。

(9)A:スース―すると思ったら、窓が開いているよ。
B:あっ、閉めないで。開けてあるんだから。
さっきまで、魚を焼いていたのよ。

「~てある」と「~ている」の比較・次の一歩

「瞬間動詞+ている」(結果の状態)は、どんな時に使うのでしょうか。

(10)あっ、財布が落ちている。
(11)どうして、ここだけ枯れているんだろう。
(12)糸くずがついていますよ。

上記の例のように、「~ている」は、
当たり前ではないこと(もの)を、見たとき、そのことを
他の人に伝える表現です。

(13)食器がきれいに並べてある。
(14)壁にはポスターが貼ってある。
(15)お茶を入れるんだったら、お湯は沸かしてありますよ。

「~てある」は、「~ている」と違って、
普通の状態のものを見て、話しています。

「~てある」は、人が目的をもって、したことの結果なので、
その結果の状態は、通常ふつうのことです。

そこで、
(10’)×お金が落としてある。
(11’)×ここだけ枯らしてある。
(12’)×糸くずがつけてある。

(10’)(11’)(12’)のような例文は非文となります。

「~てある」・2では、「~てある」について、詳しく書いてあります。
>>「~てある」・2

ではでは ニゴでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ