「て形」で文と文をつなげる

(1)浅草に新しい駅ビルができた。
(2)そのビルの一階は いつも観光客でにぎわっている。

ーーー(1)と(2)の文をつなげますーーー

(1)+(2) 浅草には新しいビルができて
そのビルの一階は いつも観光客でにぎわっている。

上記のように
「て形」は二つの文をつなげ、一つの文にまとめるときに使います。
「て形」は文と文をつなげる、一番やさしい形と言えます。

以下の例文のように、動詞、イ形容詞、な形容詞、名詞は
「て形」を使って、前文と後文をつなげることができます。

動詞:傘を持って出かけます。

イ形:この子犬は小さくて、かわいらしい。

ナ形: iPhone は お年寄りには機能が複雑で、使いにくい。

名詞:ここは浅草で一番有名なところです。

 

「て形」の基本的な働きは「単文と単文をつなぎ、複分を作る」ことです。
前の文を従属節、後の文を主節と言います。

て形

 

 

 

て形」では文と文を結んだ時に、前の文と後ろの文が
どんな関係で、どんな意味をもつのかが、わかりません

しかし、「~ので(理由)」のような言葉を使って、文をつなげると、
前の文と後ろの文の関係は すぐに「理由だ」とわかります
「~ので」などの言葉と違って

「て形」は、それだけでは、前の文と後ろの文の意味関係を表せないのです

このように、それ自体には意味のない「て形」ですが、多くの用法があります。
では、どうやって、その用法を分類するのでしょうか。

(例1)駅まで歩いて、電車に乗った。(継起・時間的前後関係
(例2)駅まで歩いて、足が痛くなった。(原因・理由

つまり、(例1)(例2)を見て分かるように、
「て形」の意味・用法は前後の文脈によって決まります
「て形」の意味・用法は前後の文脈で、分類するのです。

 

「て形」の意味・用法

「て形」には以下の意味・用法があります。

(1)マリさんは傘を持って、出かけました。(付帯状況

(2)マリさんは事務室に行って、コピーをしてもらいました。(継起

(3)マリさんは風邪をひいて、学校を休みました。(原因・理由

(4)日曜日、キムさんは映画を見に行って
ロンさんはショッピングに行きました。(並列

「て形」は この四つが基本的な意味・用法ですが、
他にも様々な意味・用法があります。

(5)京都は冬は寒くて、夏は暑い。(対比

(6)紙袋を使って、整理箱を作った。(手段

(7)問題が一つあって、私は日本語がよくわからないのです。(前触れ

(8)知っていて、言わないなんて、ひどい人ね。(逆説

(9)このチームは トムさんをいれて、11人です。(順接条件

 

動詞「て形」の否定形

動詞「て形」の否定形は以下の三つです。
~ないで」「~なくて」「~ずに

(天気予報では雨が降ると予報していたが)

・雨は降らないで、晴れた。

・雨は降らなくて、晴れた。

・雨は降らずに、晴れた。

では、これから、「て形」の意味・用法を一つ一つ見ていきます。

 

付帯状況

「て形」の「付帯状況」について、その特徴を上げてみます。

1.「付帯状況」の後ろの文の述語は
意志的な動きを表す動詞が用いられます。

2.「付帯状況」の前の文と後ろの文では 主語が同じです。

3.「付帯状況」の前の文と後ろの文で起こっている動きは
ほぼ同じ時間で起こっています。

4.「継起(時間的前後関係)」「原因・理由」「並列」を表す「て形」は
比較的単純です。しかし、

付帯状況」を表す「て形」は、後ろの文が どのような状況や、
状態で行われているのかを、前文で修飾し、説明する用法です。

そこで、様々な意味・用法を持ちます

 

これから、「付帯状況」の四つの意味・用法について、見ていきます。

1.「~たまま」と似た働きをする付帯状況

(例)黒のスーツを着て入社式に臨みます。(付帯状況

 

「付帯状況」の後ろの文の述語は
意志的な動きを表す動詞が用いられます。

前の文の動詞は、
その人がどんな様子なのか、どんな姿勢なのかを表す動詞

(1)背筋を伸ばして、歩きます。

着脱の動詞

(2)曇っているのに、サングラスをして、運転する。

どんなものを携帯しているのかを表す動詞

(3)大きなリュックを背負って、歩いた。
などが、よく使われます。

「付帯状況1」のて形は、前文で動きが起こり、その状態のままで
後ろの文の動きが始まることを表します。
そこで「~たまま」と似た働きをし、置き換えられることもあります。

2.心理動詞を用いる付帯状況

「付帯状況」を表すて形は、心理状態を表す動詞が用いられることもあります。

(1)私は喜んで、プロポーズを受け入れました。

(2)彼は電話を切ると、あわてて、部屋から出て行った。

(3)大好きな選手が出場していたため、興奮して、テレビを見ていた。

ただし、このような心理状態を表す動詞の「て形」は、
原因・結果」の用法に多く見られます。そこで、

(4)彼女は うんざりして、電話を切った

(4)のような文は、二つの解釈が可能です。

解釈①(付帯状況)彼女は うんざりしながら、電話を切った。

解釈②(原因・理由)彼女は うんざりしたので、電話を切った。

 

このことから、「て形」の意味・用法は
「文脈やその文が発話された時の状況」によって、決まると言えます。

3.「~ながら」と似た働きをする付帯状況

前の文の動詞が動きを表す場合、
その「て形」の意味は、まず、「継起(時間的前後関係)」と判断されます。

(例)念入りに歯を磨いて、ねる。(継起

しかし、その動きが継続的で、
「前の文が動きながら、そのまま同時に、後ろの文も動く」といった
~ながら」の意味をもつ場合、「付帯状況」を表します。

このような「て形」動詞は、「~ながら」と似た働きをしています。

(1)手を大きく振って、行進した。

(2)走って、家に帰った。

(3)大きな声を出して、セリフを覚えた。

(4)仁子先生に教わって、漢字を書いた。

また、以下の文は二つの解釈が可能です。

(例)子供たちは 落ち葉を集めて、遊んだ

解釈①(付帯状況)子供たちは落ち葉を集めるということを
遊びとしていた。

解釈②(継起)子供たちは、落ち葉を集めてから、遊んだ。

4.手段を表す付帯状況

前の文と後ろの文が、ほぼ、同時に進行している文は、
手段」や「方法」を表すこともあります。

(1)バスに乗って、駅まで行きます。

(2)今はパソコンを使って、いろいろなことを調べます。

 

以上、付帯状況の様々な意味・用法を見てきました。
各用法は、他の用法にも解釈でき、
意味が連続していることがわかります。

 

簡単にまとめると、て形の「付帯状況」は
前の文と後ろの文の主語と時間が一致している
そして、前の文の「て形」が、後ろの文を修飾している、と言えます。

 

ではではニゴでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ