「~ている」表現(6)結果の状態(属性・様子・形状)

「~ている形」結果の状態(属性・様子・形状)

まず、「~ている形」の簡単な復習をしてみましょう。

「~ている形」は、アスペクトの中の代表的な文法項目です。

アスペクト(時間の流れに焦点をあてる)

一つの動作を考えるとき、その動作は
(1)開始前か、
(2)その動作をしている最中か、
(3)終了したところか、
(4)終了した後の状態か、など
いろいろな段階が考えられます。

日本語では、その動作が今、どの段階にあるのかを
いろいろな文法形式を使って表します。

この文法形式のことをアスペクトと言います。
例を挙げてみます。

*その動作をしている最中(進行中)

A:マリさんはどこにいますか?
B:あそこで、コーヒーを飲んでいますよ。

*終了した後の状態(結果の状態)

このコピー機は、故障していますから、使えません。

(コピー機は変化(故障)した結果、その状態が残っています)

「~ている形」は、上記のように
動詞の動きがどの段階(局面)にあるのかを示しています。

しかしながら、以下の「~ている形」は、どうでしょうか。

(1)お父さん、このきゅうりはどうして、こんなに曲がっているの?
(2)脱獄しようとしている太郎を、あざ笑うかのように
刑務所の塀は高くそびえているのだった。

この動詞の「~ている形」
曲がっている」「そびえている」は、
動きの段階(局面)を表しているとは、考えにくいですね。

この「~ている形」は動詞ではありますが、「形容詞」と同じように
きゅうりや塀の様子・状態を表していると言えます。

形容詞の役目は物や人の様子・性質を表わすことでした。

・富士山は日本一高い
・この肉は やわらかいですねえ。

曲がっている」「そびえている」は、
「高い」「やわらかい」と同じように形容詞の働きをしています。

曲がっている」「そびえている」は、
動詞ではありますが、動きの段階を表していません。
そこで、アスペクトには、分類できないのです。

しかし、
この「~ている形」が同じアスペクトのグループではないからと言って、
違う文法項目のところで扱っては、わかりにくくなります。

そこで、ここでは、
属性・様子・形状を表す「~ている表現」として、
名前もわかりやすく、形容詞的用法として、お伝えしていきます。

「~ている表現」(6)形容詞的用法その一

あの人は背が高い。(形容詞
あの人はやせている。(動詞の~ている形

「やせている」は、動詞ですが、
その人がどんな様子なのかを表す、形容詞と同じ働きをしています。
そこで、この「やせている」のような動詞の「~ている形」を
結果の状態の一分類とし、「形容詞的用法」とします。

形容詞の働き

このかばん安いけど、やはり、ブランド品の方は高いですね。

このりんごはとても甘いけど、こっちのりんごはすっぱいなあ。

形容詞の典型的用法は
「同じ種類のものの、さまざな特徴を描く」ということです。

りんご⇒ 甘い、すっぱい、丸い、赤い・・・・・・

あの人⇒ 背が高い、足が長いやせている・・・・・・

ここでは、「やせている」だけが動詞ですが、同じ働きをしているので、
形容詞として、扱う方がわかりやすいと言えます。

形容詞

大きい⇔小さい  重い⇔軽い  長い⇔短い

形容詞は、形容詞同士で、反対の意味を表せます。
しかし、中には、一方は形容詞で、その対義語は
動詞の「~ている形」の場合があります。

正しい     ⇔  間違っている
正しくない  ⇔  あっている
若い     ⇔  年をとっている
まっすぐな  ⇔  曲がっている、傾いている
元気な    ⇔  疲れている

これを見ても、動詞の「~ている形」は
形容詞の役割を果たしていると考えられます。

「~ている表現」(6)形容詞的用法その二

金田一春彦氏は
動詞は、「~ている形」にすると意味が異なる
ということに着目しました。

そこで、動詞をアスペクトの観点から4種類に分類しています。

金田一春彦氏の動詞の分類

(1)状態動詞:状態を表す。「~ている」の形にならない。

(2)継続動詞:ある時間内続いて行われる種類の動作、作用を表す。
「~ている」の形になり、
「動作の進行中」であることを表す。

(3)瞬間動詞:瞬間に終わってしまう動作、作用を表す。
「~ている」の形になり、動作、作用が終わって、
「その結果が残っている」ことを表す。

(4)第四種の動詞:時間の観念を含まず、形容詞のように
その物事の様子、性質、形状、印象を表す。
常に「~ている」の形で用いられる。

この動詞の分類について、
詳しく知りたい時は以下をクリックしてください。

http://www.tomojuku.com/blog/verb/

(4)第四種の動詞

金田一春彦氏のいう「第4種の動詞」とは、
必ず「~ている形」の形で使われる動詞のことです。
以下に例を挙げます。

彼の100メートル走の記録は ずばぬけている
(×)彼の100メートル走の記録は ずばぬける

上記の例からもわかるように
「第4種の動詞」とは、形容詞の役割を担う動詞ともいえます。

あのカフェは しゃれていますね。(×)しゃれる
この話は あまりにも ばかげている。(×)ばかげる
犬の嗅覚はかなり すぐれていると思う。(×)すぐれる
このデザインは ありふれている。(×)ありふれる

「第4種の動詞」は
「~ている表現」(6)形容詞的用法に使う動詞でもあります。

「~ている表現」(6)形容詞的用法の注意点

形容詞的な働きをする、動詞の「~ている形」は
名詞を修飾するときには 形を変えます。

「曲がっている」→「曲がった」
曲がった道を運転するときには 注意が必要です。

「~ている形」で、名詞を修飾することもできますが、
「~した」の形にするのが基本です。

イルカはすぐれた聴覚を持っている。
(?)イルカはすぐれている聴覚を持っている。

ただし、「そびえる」は、
「~する形、~している形、~した形」 全てが例外的に使えます。

窓の外に( そびえる / そびえている / そびえた )富士山。

 

「~ている表現」(6)形容詞的用法の分類

この表現は中級で学びますが、ここに書いておきます。

(1)「~としている」という形で様子を表す。

(例)彼はいつも堂々としている

(悠々と、ひょうひょうと、淡々と、憤然と、
超然と、騒然と、きちんと・・・・・・)

(2)「擬態語(擬音語) + ~している」という形で様子を表す

(例)このラーメン、あっさりしていますね。

(例)田中さんの机の上は いつも ごちゃごちゃしている

(ざらざら、つるつる、こりこり、ひんやり、のびのび、でこぼこ・・・・・・)

(3)形容詞+(色、様子、顔、顔色・・・)をしている。

(例)彼は まっさおな顔色をしてる。どうしたのだろう。

(例)このフランス人形は 青い目をしている

(例)このトナカイのぬいぐるみは 赤い鼻をしている。

「~ている表現」(6)形容詞的用法の導入方法

こうした、動詞の「~ている表現」は、働きとしては形容詞と同じです。
ということは、導入する際は

よく使う表現のみを、ピックアップし、
語彙(形容詞)として、導入した方がわかりやすくなります。

 

ではではニゴでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ