逆説の表現「~ても」

「~ても」の作り方

 [ 動詞ーて ] + も、      食べても、  
 [ 動詞ーなくて ] + も、       食べなくても、
 [ い形容詞ーて ] + も、       忙しくても、
 [い形容詞ーなくて]+も、       忙しくなくても、
 [ な形容詞ーで ] + も、       ひまでも、
 [な形容詞ーなくて]+も、       ひまじゃなくても、
 [ 名詞ーで ] + も、       休みでも、
 [名詞ーなくて ] + も、       休みじゃなくても、

 

「~ても」の意味

「~ても」は逆説の意味を表します。

1、仮定的逆説

 

    (前件)     ても、   (後件)     

逆説とは、前件から予想されるのとは反対のことが、
後件に来るということです。

初級では「~たら」と比較して考えると分かりやすいでしょう。

・雨が降ったら、試合は中止します。
・雨が降っても、試合は中止しません。

「雨が降る」と仮定します。

⇒ たら=この仮定通りに考えると ⇒ 中止します

⇒ ても=この仮定と逆の考え方をすると ⇒ 中止しません

この仮定的な逆説が、「~ても」の典型例です。

・もし、雨が降っても、試合は中止しません。

このように、「もし」と一緒に使うこともできます。

2、事実的逆説

(1)薬を飲んでも、熱が下がりません。
(2)たくさん食べても、太りません。

この「~ても」は、仮定のことではありません。
「薬を飲んでも」は、既定の事実です。
この「AてもB」は、すでに成立したAから
予想していなかったBが、起こることを表します。

この事実的逆説は、予想していなかったことが起こるので、
「あれ?」と思います。
ここが、「~のに」と、混乱しやすい原因となります。

「~ても」の使い方

1、「~ても、~ても」

「~ても」を繰り返して使えます。

(1)雨が降っても、風が吹いても、試合は行われます。
(2)待っても待っても、帰ってこない。
(3)コーヒーを頼んでも、頼まなくても、料金は同じです。

2、「~ても~ても」の形は、「疑問詞 + ~ても」の形でも使います。

(1)雨が降っても、風が吹いても、試合は行われます。

何が起こっても、試合は行われます。

(2)待っても待っても、帰ってこない。

いくら待っても、帰ってこない。

(3)誰が首相になっても、同じです。

(4)何回練習しても、覚えられない。

*この疑問詞は、もちろん疑問の意味で使っているのではありません。
「どのような条件でも、後件のような結果になる」ことを、表しています。

3、後件の文末に、いろいろな意志表現が使えます。

(1)両親に反対されても、続けなさい。
続けたい。
続けよう。

「~ても」と「~のに」の使い方

(1)時間があっても、行きません。
(2)時間があるのに、行きません。

(1)「~ても」の文は、前件が成立するかどうか、わからない、
仮定的な逆説です。
(2)「~のに」の文は、前件が成立している、あるいは
成立すると分かっている、
事実的な逆説です。

「~ても」は、仮定的な逆説に使うことが多いです。
「~のに」は、事実的な逆説にしか使えません。

「~ても」と「~のに」の意味

「~ても」は、単なる逆説条件を表す時に多く使います。
「~のに」は、「非難」「驚き」など、言外の気持ちを表したい時に使います。

「~のに」については、こちらに、もう少し詳しく書いてあります。

>>逆説の表現「~のに」

「~ても」と「~のに」は、学生がよく混乱してしまう表現です。
こちらで、「~ても」と「~のに」の使い分けについて
考えてみました。どうぞご覧になってみてください。

>>「~ても」と「~のに」の違い

ではでは ニゴでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ