逆説の表現「~のに」①

「~のに」の意味・用法

「~のに」の形の作り方

「~のに」を使った文

     前件    のに、    後件       

●「~のに」の前には、
動詞、い形容詞、な形容詞、名詞の普通形がきます。

●学生は「な形用、名詞」の接続をよく間違えるので、注意を促しましょう。

 動詞 な形容詞
 食べる
食べない
食べた
食べなかった
のに  ひま
ひまじゃない
ひまだった
ひまじゃなかった
のに
 い形容詞  名詞 + だ
 忙しい
忙しくない
忙しかった
忙しくなかった
 のに  休み
休みじゃない
休みだった
休みじゃなかった
 のに

「~のに」の意味

1、事実的逆説

(1)一か月間、頑張ってダイエットしたのに、全然痩せませんでした。

「~のに」は、(1)の例のように、
後件の結果が、
前文から予想されるものとは逆であることを表します。

「~のに」前文の事柄・事態が、
すでに起こっている(既定)ときに、
用いられます。つまり、前件の文は、すでに事実だということです。

多くの場合、後件で
「非難」「(予想外で)びっくり」「おかしい、変だ」「困惑」
などの、不満を表します。

・もう、秋も深まったというのに、いっこうに涼しくならない。
・このいちご、高かったのに、全然おいしくない。
・あのレストラン、あまりおいしくないのに、どうしてこんでいるんだろう。

2、対比

「~のに」は、前件の文と後件の文とで、対比を表すことができます。

(1)ジャックさんは、話すのは上手なのに、漢字は全然書けない。
(2)昨日はあんなに寒かったのに、今日は夏のようだ。

3、終助詞的用法

(1)A:ねえ、あの人、サウナスーツ着て走ってるよ。
B:わあー、ほんとだ。こんなに暑いのに。
●Bさんは、(こんな暑い日に、サウナスーツを着て走っているのは)
「変だ、意外だ」と言った気持を、言外に示しています。

(2)A:ごめん。明日行けなくなった。
B:そんな・・・。楽しみにしていたのに。

●Bさんにとって、Aさんの発話内容は、
自分の予想と違っていました。
そこで、文の終わりに「~のに」をつけることで、
自分の不満や驚き、悲しみを表しています。
(どうして、行けなくなたのか)と詰問したいのを
抑え込んでいます。

(3)あんなに頑張って勉強したのに・・・・。
(どうして、試験に合格しなかったんだろう)

●「勉強したという事実から、合格すると期待していたのにもかかわらず・・・」
といった意味です。
文の終わりに「~のに」をつけることで、
自分の残念な気持ちを表しています。
(2)と同じで(どうして、試験に合格しなかったんだろう)
という気持ちを飲みこんでいます。

(4)危ないから、絶対行くなと言ったのに・・・・。
(どうして行ったんだろう)

●「事実から、行かないと予想したのにもかかわらず・・・」
といった意味です。上記(2)(3)と同じで
文の終わりに「~のに」をつけることで、
自分の残念な気持ちを表しています。
(どうして行ったんだろう)という気持ちを
飲みこんでいます。

●以上の例は「~のに」で止めているため、
後件文で自分の気持ちを表明していません。

しかし、「~のに」が、文末にあるため、
自分が予想したのとは異なった、期待外れの事実に終わってしまったことに、
非常に心外で、残念だという気持ちを表せています。

(なぜ、どうしてだろう)、という困惑の気持ちを伴います

次回は「~のに」の後件文の文法的制約についてみていきます。
>>逆説の表現「~のに」②

ではでは ニゴでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ