希望・願望の表現「ほしい」

「希望・願望」の表現「ほしい」

私は N が ほしいです。

例)私は日本人の友達がほしいです。

●「~ほしい」は「パソコンがほしい」「恋人がほしい」のように、
話し手の願望を表す形容詞です。

●形容詞ですから、イ形容詞と同じ活用をします。

●「願望」の対象は「が」で表します。
ただし、①「否定構文」②「対比」のなかでは、
「が」ではなく、「は」を使います。

①「否定構文」
A:誕生日のプレゼント、指輪はどうですか。
B:うーん。指輪 あまりほしくないんです。

②「対比」
指輪 あまりほしくありませんが、
このネックレスとてもほしいんです。

話し手の「希望・願望」を表す。
第三者の「希望・願望」は表せない。

例)○わたしは モバイルパソコンが ほしいです。
×あなたは モバイルパソコンが ほしいです。
×陳さんは モバイルパソコンが ほしいです。

●第三者の願望を表す場合、
「そうだ」「らしい」「と言っている」
などをつける必要があります。

アンさんは
モバイルパソコンがほしい そうです。
モバイルパソコンがほしい らしいです。
モバイルパソコンがほしい と言っています。

●ただし、名詞修飾節の中では
第三者が主語であっても、「ほしい」を
そのまま使うことができます。

例)陳さんがほしいモバイルパソコンは NEC製のものです。

●「ほしい」はイ形容詞です。
「第三者の気持ちが表せない」という制約は
感情を表す形容詞と同じです。

「Nがほしい」と言えない名詞

例)○自由な時間が ほしいです。
×私は 旅行が ほしいです。

●「時間」は名詞なので、
時間がほしいです」は、OKです。

旅行」も名詞ですが、
旅行がほしいです」は、非文です。

旅行は「旅行+する」のように、
するを付けると、動詞になります。
つまり、「する動詞」です。

する動詞は「~したい→旅行したいです」のように使います。
名詞の部分だけをとって、
「旅行がほしいです」ということはできません。

*「電話がほしい」「返事がほしい」は、
「私が電話したい」のではなく、
「相手が私に電話する」ことを望んでいます。
意味が違いますから、気を付けましょう。

相手の希望・願望を尋ねるときの注意点

「~ほしい」は相手の希望・願望を尋ねることもできます。
例)結婚のお祝いに 何がほしいですか。

●ただし、相手が目上の人やあまり親しくない人である場合、
非礼となり、使えません。

例)×お客様は どんなスカーフがほしいですか

このような時は

例)○お客様は どんなスカーフをお探しですか

のように言う必要があります。

*希望・願望の表現「~たい」をご覧になりたい方は
こちらをクリックしてください。
>>希望・願望の表現「~たい」

ではでは ニゴでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ