日本語の基本文型

日本語は三つの基本文型からできている

(日本語の)文は様々な言葉をつなぎ合わせて、できています。

(例) 田中さんは  きのう   ラーメンを  食べました
    ↑     ↑     ↑      ↑
 言葉(成分)1  言葉2   言葉3    言葉4

日本語の最大の特徴は述語が最後に来ることです。

(例1)田中さんは ラーメンを食べました。(動詞の述語)

(例2)浅草の街は とても にぎやかです。(形容詞の述語)

(例3)田中さんは 日本語の 先生です。(名詞の述語)

動詞(例1)、形容詞(例2)、名詞(例3)、の三つが述語になります。

●例1を動詞文(動詞述語文)、
●例2を形容詞文(形容詞述語文)、
●例3を名詞文(名詞述語文)、

と言います。

日本語は< 補語 + 述語 >の文からできている。

補語とは

上記のように、日本語は三つの述語文からできています。
しかしながら、「田中さんは食べます
といった、述語だけでは きれいな文はできません。

①何を食べるのか → 夕飯を食べます。
②どこで食べるのか → 家で食べます。
③誰と食べるのか → 家族と食べます。

のように、様々な言葉を加えていって、文を作ります。

●田中さんは   家族と  夕飯を 食べます。
    (補語1) (補語2) (補語3

このように述語に意味を加えていく言葉を
補語と言います。

そこで、日本語は < 補語  述語 >から
できているとも言えます。

必須補語 と 副次補語

●(例1)田中さんは 飲みました。

●(例2)田中さんは コーヒーを 飲みました。

(例1)の「田中さんは 飲みました。」という文を聞いたとき、私たちは
「何を」飲むんですか?と聞きたくなります。
「何を」という情報が無意識のうちに足りないと感じます。

(例2)の「田中さんは コーヒーを 飲みました。」という文を
聞いたときは、この文に何かが足りない、とは感じません。

「いつ?」「どこで?」「誰と?」といった情報がほしい、とは
特別な場合以外思はないでしょう。

●(例3)田中さんは 日曜日に スタバで 王さんと コーヒーを 飲みました。

そこで「コーヒーを」は絶体必要だと感じるので、必須補語と呼びます。
日曜日に スタバで 王さんと」は、
必ずしも必要な情報ではありませんから、副次補語と言います。

時間、場所、原因、目的、場面・・・などは
最小限意味のわかる基本文に いろいろな状況を加えている言葉だ、
とも言えます。

こうした副次補語を「状況語」と呼んだりもします。

日本語の基本文型とは<必須補語+述語>である

●田中さんは 飲みます。

「田中さんは飲みます。」と聞いたとき、
「えっ、何を?」と不足を感じてしまいます。
これは「動詞、飲む」が、「何を」を要求しているからだ、
とも言えます。

●田中さんは コーヒーを 飲みます。

という文には、不足を感じません。

「飲む」という述語(動詞)には必ず「何を」という
(必須)補語が必要です。

文型とは<必須補語 + 述語 >である、
と言われる理由は ここにあります。

日本語の基本文型

日本語に、どんな基本文型があるのかは、
研究者によって、違います。

おおよその基本文型が下の表です。

述語の種類 基本文型 例文
名詞 + だ (1)(主語)が、~。 (私)学生だ。
イ形容詞 (2)~が、~。 やさしい。
(3)~が、~に~。 作家言葉詳しい。
ナ形容詞 (4)~が、~。 子供元気だ。
(5)~が、~に~。 学生勉強熱心だ。
動詞 (6)~が、~。 降る。
(7)~が、~を~。 (私)コーヒー飲む。
(8)~が、~に~。 子供かみつく。
(9)~が、~と~。 子供友だちけんかする。
(10)~が、~を~に~。 教師日本語学生教える。

この表を見ると、「助詞」は
文を作るうえで、とても大切な役割を担っていることがわかります。

補語」とは、<名詞+助詞>の部分とも言えますね。
そこで、日本語の基本文型

助詞と述語の組み合わせ>である、とも言えます。

「みんなの日本語」の文型提出の順序

「みんなの日本語」は 文型シラバスのテキストです。
シラバスとは 簡単に言うと学習項目のことです。

1課ごとに、勉強すべき文型が3っつぐらいあります。
1課学ぶごとに、わかる文型が増えていきます。
1課ごとに、日本語の基本文型である
助詞と述語の組み合わせ>を
順を追って学んでいけるように
提出順序が組まれているのがわかります。

その、文型の提出される順序はというと
「やさしいものから難しいものへ」です。
(ここでは誰にとってやさしいのかは、おいておきます)

第1課~第4課→ 名詞文
第5課     → 動詞文、上記の表の例文(6)
第6課     → 動詞文、上記の表の例文(7)
第7課     → 動詞文、上記の表の例文(10)
第8課     → 形容詞文

「みんの日本語」のような文型シラバスのテキストは
このように、基本文型を積み上げていきます。

 

ではではニゴでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ